発毛を妨げる原因

日本の発毛技術は世界の中でもトップレベルの技術を誇ります。
実際、現在までに薄毛や脱毛で悩む多くの人の助けとなってきました。
しかし、最高の技術もってしても発毛効果を得られないこともあります。
なぜ発毛する人としない人がいるのか?ここでは発毛を妨げる原因についてご紹介します。

なぜ発毛しないのか?その理由には様々なケースがあります。
多くの場合は脱毛症が発毛を妨げているわけですが、脱毛症にも様々な種類があり、どのような症状かによって原因が異なります。
最近テレビCMや雑誌などでよく目にするAGA。
これは男性型脱毛症といって男性に見られる脱毛症です(女性にも同じタイプの脱毛症があり、これをFAGA=女性男性型脱毛症と呼びます)。
AGAは進行性で、思春期を過ぎた男性に現れやすく、頭頂部や生え際などが薄くなるという特徴があります。
AGAの場合主な原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(通称:DHT)だと言われています。
このDHTが増加することで正常なヘアサイクルが乱れ、毛髪が育ちにくく、生えにくくなっているのです。

AGAで悩んでいる患者さんに共通しているのがDHTの元となる成分・遊離テストステロンの数値が多いことです。
男性ホルモン量などは生活習慣や遺伝的な影響が考えられるため、遺伝によって、生活習慣の乱れなどによって発毛しないといえるでしょう。
またホルモンバランスに大きな影響を与えるストレスも原因の1つと考えられています。
親族にAGAの人がいて、慢性的にストレスを受けている人は要注意です(しかし、条件が揃っているからといって必ずしもAGAになるわけではありません)。